注射のコツを掴もう

注射が苦手と感じている看護師は、注射が得意な他の看護師を羨ましく感じるのではないでしょうか。どうすれば上手に注射ができるのかと悩むこともあると思います。看護師として働くのであれば、できる限り患者に負担はかけたくないものです。そのため、もっと注射を上達させたいと思うのは当然だと思います。
注射が上手になるには、コツが必要です。看護師にも、それぞれ得意不得意はあります。その中でも、注射の技術は人によって結構な差があるでしょう。同じ患者に注射をする場合でも、痛みを感じさせてしまう看護師もいれば、全く痛みを感じさせずに注射ができる看護師もいます。この差は、やはり注射のコツにあるようです。注射が上手な看護師は、患者それぞれの血管の状態を把握することができます。血管というものは人によって違いがあり、血管がもろそうな人もいれば刺しやすい血管の人もいます。注射が上手な看護師はその血管の状態を即座に判断することができるため、スムーズに痛みのない注射をすることができるのです。血管がもろいと感じれば深く入れ過ぎないように注意して刺すことができ、逃げやすい血管であれば固定して刺すことができます。ということは、注射のコツを掴むためには、それぞれの血管の状態をすぐに判断できるということが鍵になるのです。血管の状態を把握するためには、経験を積んでいくことが必要です。経験を積んでいくことで、苦手な注射のコツも掴めるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です