注射が不得意な看護師が注意すること

看護師の仕事をしていると、それぞれ得意分野もあれば不得意分野もあると思います。その中には、注射が不得意という看護師もいるでしょう。不得意な分野は、極力避けたいものですよね。しかし、看護師として活躍するためには、注射の技術も高めていかなければ勤まりません。
注射をする際は、注意点があります。まず、看護師が患者に注射を行う時は、医師の指示の元で行うことになります。看護師は、静脈注射がメインです。動脈注射を行う場合は、医師が担当することになります。動脈注射は、場合によっては大量出血などを起こしてしまうこともあるようです。看護師が静脈注射を行う時に注意しなければいけないのは、医師の指示をしっかり確認することです。当然、間違えた薬剤などを入れてしまえば、患者にとって大きな負担となってしまいます。そして、どんなに注射をするのが不得意と感じていても、それを態度に出さないことが大切です。看護師が緊張ている状態で注射をすれば、患者は不安になってしまいます。注射をするのが不得意ということが患者に伝わってしまえば患者も緊張してしまい、さらに注射がしづらい状態になってしまうのです。どんなに注射をするのが不得意で緊張してしまっていても、それを患者に悟られないように注意しましょう。
注射をするのが不得意な看護師は、患者の負担にならないよう気をつける必要があります。患者はそれでなくても不安な気持ちを抱えている場合が多いので、それ以上の不安を与えないように対応しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です