看護師の注射の練習

看護師として働いていると、注射が上手くできず落ち込む人もいるようです。そうなると、注射に自信がないために極力注射は避けたいと思うでしょう。中には、看護師に向いていないのかもと悩んでしまう人もいるかもしれません。どのような職種でもどのような人でも、不得意な分野というのは必ずあります。ベテラン看護師として活躍している人も、最初は注射が苦手と感じていた人が多いようです。看護師が注射を練習する時、どのような方法があるのでしょうか。
新人看護師の中には、オリエンテーションなどを通じて仲間同士で注射の練習をしてきたという人もいます。この時に失敗した経験がある看護師はそれがトラウマとなり、怖くて注射ができないというような状態に陥ってしまうようです。しかし、注射は慣れなので、どんなに不得意と感じていても何度も経験してコツを掴んでいくことで、不得意な分野を克服することができます。そのためには、やはり怖がらずに練習を繰り返していくことが必要となるでしょう。まずは、実際に採血する経験を積んでいくことです。時には失敗してしまうこともあると思いますが、焦らないことが大切です。続けて2度失敗してもうまくいかない場合は先輩看護師に変わってもらい、そのコツをチェックするのをおすすめします。焦ったり不安な気持ちを出してしまうと患者も不安になってしまうので、冷静な気持ちが重要です。
注射が不得意だからと避けていると、いつまでたっても上達することはできません。まずは、怖がらずに経験を積んでいくことだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です